整理収納に大切なこと

収納グッズの選び方

収納用品を買う前に大切な事

雑誌やSNSでたくさんの収納特集を見かけますよね!

その中で自分に合った方法はどれなんだろうと考えている人も多いのではないでしょうか?

収納をする時に大切な事は自分に合った方法を身につけるという事です。

私はお片づけをはじめた当初は引き出しを開けた時の真っ白な空間、四角く区切られた空間にウットリしたものです。

そこで100均に走りカゴいっぱいに収納用品を買い込んで

とにかく引き出しを区切る⇒何をいれるか考えるという順番でお片づけをしていました。

それがそもそも間違いだということに気づいたのが遅かったタイプです。

入れるものを決めてからそれに必要だと思った収納用品を購入するのが適切。

その時にサイズを測ることや入れる量を考えて選ぶことが大切なポイント!

収納用品を購入して入れる物を決めるのではなく

入れる物を決めて収納用品を探す順番を間違えないようにして下さい。

詰め替えるものとそのままでいいものを選択する

その中で詰め替えた方がいいものとそうでないものが出てきます。

私の場合以前までビニール袋を出して収納ケースに入れ替えていましたが、これが中々面倒になってきてしまい結局今はそのまま収納しています。

 

見た目は以前の方が真っ白でキレイに見えましたが・・分けて収納する手間、これが私の場合億劫になってきてしまい現在はそのまま入れているだけです!

下の方にあるポリ手袋と排水ネットは袋から出して入れ替えています。

これは購入時の袋そのまま収納すると取りにくいし場所をとるからです。

むしろ詰め替えた方が取りやすくなったのでしばらくこのスタイルが続いています。

詰め替える時は入れる量を考える

詰め替える時に1袋が一気に全部入る大きさも選ぶときのポイントになります。

せっかく詰め替えたのにしょっちゅう詰め替えるのって面倒ですよね?

そのままバサッと入れられる大きさ。

メラミンスポンジは洗面所とキッチンに分けて置いているので大量の1袋を購入しても分けて管理できています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品も同じ。

こちらは麦茶パックとお砂糖。

通年通して飲んでいるのでいつも買う大きなサイズがそのまま入るサイズ、

砂糖は1kgそのまま入れられるサイズにしています。

フレッシュロック 角型保存容器 持ち手ハンドル付き 2.7L

フレッシュロック 白パッキン L

収納用品は使いようによって便利なのですが不便になってしまう場合もあります。

きちんとしすぎてしまい自ら「片づけなくてはいけない」というプレッシャーになってしまう場合もあるのです。

性格にもよりますが自分の性格をふまえて収納方法を考えていく、

収納する時はなるべく小分けにならないようにサイズを考慮する、

こんな事を考えてみて下さいね!